一軒家派?マンション派?

マイホームを購入するにあたり、一軒家にするか、マンションにするかは大きな決断の1つだと思います。それぞれに良いところ、懸念するところあるかと思います。

一軒家派に多い理由は2つあります。1つは、高所恐怖症であることです。マンションに住む利点のひとつである3階以上の見晴らしの良い部屋には住めません。そして2つ目は、気兼ねなく自由に暮らしやすいからです。
一軒家の場合は、支払いさえ済ましていれば、駐車場は使い放題ですし、庭も芝生にしたり、家庭菜園を作ったりして好きなようにアレンジできます。また、隣とのスペースが確保されているので、周りにはそれほど気を遣う必要もありません。そして、何かあれば、増改築もできるので、やはり一軒家がいいですね。
一方のマンション派は、一軒家は「めんどくさい」というイメージがあるそうです。一軒家の場合、家の敷地まで自分で全部管理しなければなりません。そうじから何から全部自分たちでです。ところがマンションだと住民のみんなでやりますし、多少汚れていても自分のせいにはなりません。また、購入のときもマンションのほうが簡単なイメージがあります。マンションは部屋の間取りが決まっていますから、あれこれと悩む必要はありません。これでいいと決めれば終わりです。ところが、一軒家だと間取りから何から全部決めなくてはいけません。その作業が非常に手間に感じます。私は家に多くを求めていません。間取りとか外観とか全くこだわりがありません。とにかくシンプルな一般的なものがいいと思っています。一軒家のように素人(建て主)が考えたものよりも、プロが考えて設計したものの方がいいに決まっています。もちろん、一軒家の建売というのもありますが、それでも自分一人で管理しなければいけないという問題は解決できません。

このサイトでは、一軒家かマンションか、みなさんの想いを集めました。